バンス(前借り)制度は女の子の心強い味方?メリットと注意点とは

給料

風俗店の中には女の子への待遇の中にバンス(前借り)制度を設ける店舗も多く存在します。

その名の通りお給料を前借りできる制度で、お財布の状況が少し厳しい女の子にとっては心強い味方になることもありますが、当然注意点もあります。
バンス(前借り)制度についてしっかりと理解を深め、上手く活用しましょう。

バンスの語源とは

バンスとはお給料の前借り制度のことを指しますが、この語源はadvance(アドバンス)であるといわれています。

advanceには前貸しする・前払いするなどの意味があり、前貸しの意味で使われたアドバンスするという言葉が転じてバンスと呼ばれるようになりました。
求人内容の中に「バンス有り」、「給料前借り可」などの言葉が記載されていれば利用できる制度ですが、風俗業界の中では決して珍しいものではありませんので特に何も書かれていない場合でも店長などに申し出ることで対応してくれる可能性があります。
一般的には、ソープランドやデリヘルなどの風俗初心者の女の子でも比較的稼ぎやすいといわれる形態のお店で多く見られますが、他にもグループ展開を行う規模の大きい風俗店であったり、AV女優を扱う芸能プロダクションの中にもこうした制度を設ける所もあるようです。
通常借りられる金額は数万円から数十万円で、女の子の申し出により利用できますが、バンスは語源にもあるように前貸しや前払いであり、あくまでも「借金」です。

そのため、出勤状況や売上が思わしくない女の子に対してお店はあまりバンスを請け負いたくないというのが本音であり、仮に請け負ってくれた場合でもごく少額となる場合がありますので注意が必要です。

バンス制度のメリット

バンス制度の最も大きなメリットとしては緊急でお金が必要なときに柔軟にお給料の支払いに対応してもらえるということです。
風俗で働く女の子の理由は様々ですが、経済的な理由を挙げる場合が最も多いといわれています。

そのため、クレジットカードの引き落とし日などに合わせてお金を借りられるということは女の子にとっては心強い制度であるといえます。
クレジットカードの返済を2~3か月滞納してしまえばブラックリストとして金融機関で情報共有をされてしまったり、最悪の場合は任意整理や自己破産といった法的な手続きを取らなければなりません。
切実な思いで働く女の子にとっては一時的な前借りという形であっても経済的なセーフティネットの役目を果たす場合もあり、真面目にお仕事を頑張って経済的な自立を果たしたいと考えるのであれば一度店長などに相談してみる価値は十分にあります。

バンス制度のデメリット

先述したようにバンス制度は上手く活用できれば女の子が経済的に自立するための足がかりとなる場合もありますが、あくまでも「借金」であることに間違いはありません。
お金を借りた場合には当然お店に対して返済の義務を負うこととなります。
お店側も女の子に対してできる限りのサポートはしてあげたいと考えますが、万が一体調不良で働けなくなった場合やお金を持ち逃げされるといったことも視野に入れて身元や交友関係の調査は徹底して行い、前借りを請け負います。
きちんとしたお店であれば女の子に対して無利子やほぼそれに近い手数料でお金を貸し出してくれ、その後返済のための勤務シフトなどについても女の子と相談しながら無理のない範囲内で組んでもらえますが、悪質な店舗であれば法外な利息を取ったり、ほとんど休みがないようなスケジュールで出勤を確約させるなど泥沼の様な状況に陥る女の子も決して珍しくありません。

お店側としても当然取り立ての権利がありますしボランティアで前借りを請け負っているわけではありませんので、女の子はしっかりとそれを理解したうえで利用を考える必要があります。

ご利用は計画的に…

今回はバンス(前借り)制度についてメリットやデメリットなどをご紹介しましたがいかがでしたか。
上手く活用すれば経済的な自立を目指す女の子にとって頼もしい存在となりますが、その正体はあくまでも「借金」です。

お金を借りる以上必ずお店に対して返済義務を負いますし、借金を返済するためには女の子自身がお客様に対してサービスを行うことが前提となります。
一時的にバンス制度を利用してクレジットカードなどの返済が間に合ったとしてもそれに気を許してお金を使ってしまえば本末転倒ですし、場合によっては女の子自身が泥沼の様な状況に陥ってしまうことはもちろん、家族や友人など関係のない人達にまで迷惑が及んでしまうこともありますので計画的な利用を行うことが大切です。
大手の風俗グループなどの中には女の子の夢や目標を元に退店までに週にどれだけ出勤して何組のお客様を相手にするかなど手厚くヒアリングをしたうえで退店までのサポートを行ってくれるお店もあります。
自分で返済計画について考えることが難しいという場合であればこうしたサポートを受けられるお店を軸に求人探しをしてみても良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました