高級ソープの仕事内容と給料を解説!入浴プレイやマットプレイの種類・やり方

ソープランド

高級ソープと言えば、風俗業界の中でもかなり稼げる業種です。
最近になって安い値段を売りにしているお店が増えてきている風俗業界ですが、富裕層をターゲットにした高級店も昔から変わらない人気があります。
そんな高級店ではどんなことが行われているのか、どういった仕事内容で嬢が汗を流しているのか、給料はいくらなのか・・・

とても気になりますよね。
今回は、そんな高級ソープの仕事内容から給料まで詳しく徹底的に解説していきます。
ソープランドで行われる入浴プレイやマットプレイの種類ややり方なども紹介していくので、これからソープ勤務を検討している女性はぜひ参考にしてくださいね。

ソープの種類・基本的なサービス内容とは?

高級ソープの最大の売りは、他の風俗業種とは比べ物にならないほどの“濃厚な性的サービス”です。
ソープランドと言えば、数ある風俗業種の中でも唯一“本番行為(挿入・セックス)”が許されているお店になります。
法律上では“個室浴場”という括りになっていますが、中では性的なサービスが行われます。
風俗業種の中で唯一本番行為が認められているというだけあり、他のお店によって圧倒的に稼げるのがソープランドの特徴です。

また、一口にソープと言ってもお店には格付けがあり、お客さんが支払う料金の総額が変わってきます。
超高級店・・・80,000円~100,000円
高級店・・・50,000円~80,000円
中級店・・・30,000円~40,000円
大衆店・・・20,000円~30,000円
格安店・・・10,000円~20,000円
高級店になればなるほど給料は高くなり、その分仕事内容もハードかつ濃厚になります。
また、高級ソープは女性に求められる容姿やサービス、テクニックなどもレベルが高く、誰でも働けるというわけではありません。

高級店の場合、ゴムを着けない「NS(ノースキン)」が基本となるお店がほとんどで、接客時間も平均120分と長くなります。

高級ソープの仕事内容を徹底解説

ソープランドと言っても、格安店や大衆店と呼ばれるランクのお店と高級ソープでは、仕事内容も大きく変わってきます。
高級ソープの仕事内容の特徴をピックアップしてみると、
・長時間(平均120分)の接客
・ルックスやスタイルも高いレベルが求められる
・礼儀作法やプレイテクニックなども高いレベルが求められる
・長い時間接客をする分トーク力が必要になる
・NS(コンドーム無)のサービスが基本になる
・即即などシャワーを浴びる前にサービスを行うプレイなどが求められる店もある
このような形になります。
格安店や大衆店は、「サクッと抜ける」ようなイメージで、接客時間が45~60分と短めなのに対し、高級ソープは接客の丁寧さが売りになっているので、最低でも80分以上の接客が基本になります。
そのため、求められるのはプレイでのテクニックだけではなく、トーク力や礼儀作法が求められるのも基本です。

それでは高級ソープの詳しい仕事内容の流れを見ていきましょう。

STEP①お客さんをお出迎え

待合室から案内されてくるお客さんをお出迎えします。
大衆店であれば軽く挨拶をして終わりですが、高級ソープの場合お客さんの前に正座をして深くお辞儀をするなどの挨拶が求められることも。

STEP②即即プレイ

高級ソープの場合、「即即」と言って、シャワーを浴びる前にフェラをしたり挿入をしたりするサービスが設けられているお店もあります。
お客さんの身体を洗わずにプレイを行うので性病などに要注意です。
※中級店や大衆店、格安店には即即プレイはありません。

STEP③入浴プレイ

即即プレイが終わったら、入浴プレイを行います。
入浴プレイでは、スケベ椅子という特殊な形をした椅子にお客さんを座らせて身体を洗ったり、お客さんの身体を女性の股間で挟んで洗ったりと、さまざまなソープならではのテクニックが必要になります。
こういったプレイテクニックも、格安店や大衆店に比べて高級ソープの方が求められるレベルが高くなります。

STEP④マットプレイ

入浴プレイが終わったら、マットを使って次のサービスを行います。
中級店以上のお店の場合接客時間が長いので、2回戦までサービスを行うお店がほとんどです。
マットプレイにも、ローションを使って体を滑らせる「阿波踊り」や、その他のさまざまなプレイテクニックが必要になります。

STEP⑤休憩

マットプレイが終わったら、一旦休憩をはさみます。
※お店や接客時間によっては休憩がなかったり長かったりする場合も。
軽い雑談をしながらお客さんに飲み物を出したり、タバコを吸ってもらったりして休憩を過ごします。

STEP⑥ベッドプレイ

休憩が終わったら、2回戦目としてベッドプレイを行います。
ヘルスなどで行われる基本的なサービスに、挿入が加わります。
ベッドプレイが終了したあと、時間があれば3回戦をしたり、マッサージをしたりします。

STEP⑦シャワー

ベッドプレイが終わったらシャワー室に移動し、プレイ後のお客さんの身体を再度洗ってあげます。
STEP⑧お別れ
フロントからのコールが鳴ったらサービスは終了です。
お客さんを待合室まで見送ります。

入浴プレイの種類

ソープでは、普通の風俗業種にはない“入浴プレイ”が求められます。
入浴プレイにはいくつかの種類があり、高級ソープで働くにはいくつかの入浴プレイをマスターしておく必要があります。

スケベ椅子

真ん中が空洞になっているタイプのお風呂用の椅子です。
男性がスケベ椅子に腰かけ、女性が空洞から手を入れて下腹部を洗います。
また、空洞から女性が顔を入れてお尻を舐めたり、反対に女性が腰かけて男性が空洞から指を入れたり、いろいろなプレイが楽しめます。

背面3点責め(はいめんさんてんぜめ)

スケベ椅子に男性が座り、背中に胸を密着させて、乳首・ペニス・金玉、肛門を責めていくプレイ。

椅子扇返し(いすおうぎがえし)

スケベ椅子に男性が座り、目の前で女性が四つん這いになりながらお尻を突き出し、男性が後ろから素股や挿入をするプレイ。

くぐり椅子

大きく空洞があいた椅子で、男性が座っている下を女性がくぐれるような形になっている椅子です。
下をくぐりながらお尻を舐めるなどのプレイを行います。

ピンクチェア

分娩台のような形をした椅子で、座った状態で股を開くことができます。
いろいろな体位に対応できるようになっています。

壺洗い(つぼあらい)

女性の膣の中に男性の指を一本一本入れて洗浄をするプレイ。

タワシ洗い

女性の性器や陰毛にボディーソープを泡立て、男性の手や腕、脚などに跨って洗うプレイ。

潜望鏡(せんぼうきょう)

湯船で行うプレイ。
男性の性器だけを湯船から出し、そのままフェラをします。

マットプレイの種類

マットプレイは、入浴プレイと同様ソープならではのプレイテクニックになります。
マットプレイにはかなりたくさんの種類がありますが、中でもよく使われているものを紹介していきます。
やはりできるプレイが多くなるほど稼げるようになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

泡踊り(あわおどり)

マットプレイの代表的なテクニックで、ローションを塗った全身を男性に密着させ身体を洗うプレイです。

横滑り

うつ伏せになった男性の横から身体を密着させて、太もも同士を絡ませるプレイ。

表千流下り(おもてせんりゅうくだり)

ヘルスなどでいう全身リップを指します。
全身にローションをつけて吸い付くように舐めるのが特徴的なプレイです。

松葉崩し(まつばくずし)

仰向けに寝た男性の脚の間に自分の脚を挟み、お互いの性器が当たるように擦るプレイ。

カエルキック

うつ伏せになった女性の上に、反対側を向いたお客さんが覆いかぶさるように重なり、ペニスを女性のお尻に当てて擦るプレイ。

カエル挟み

仰向けに寝かせたお客さんの上に、逆方向を向いた女性がうつ伏せになって乗り、ペニスを足コキするプレイ。

カニ挟み(かにばさみ)

仰向けに寝た男性の横に身体を密着させ、膝の裏でペニスを挟みながら刺激を与えるプレイ。

扇返し(おうぎがえし)

仰向けになったお客さんに、お尻を向けた女性が跨り、性器の上で素股をするプレイ。

あめんぼう

女性の胸や乳首を使って男性の足裏をマッサージするプレイ。

金の鯱(きんのしゃちほこ)

うつ伏せになった男性の腰を浮かせ、その下に女性の下半身を滑り込ませ、胸を男性のお尻に当てるプレイ。

風見鶏(かざみどり)

69(シックスナイン)の別称。

鯉の滝登り(こいのたきのぼり)

素股の別称。

★マットプレイの注意点★

マットプレイは通常のプレイに比べて、ローションをたくさん使います。

プレイ中に勢い余ってマットから落ちてしまったり、足についたローションで転んでしまったりする可能性があるのでケガをしないよう十分に気を付けましょう。
お客さんにもケガをさせてしまわないよう、目を離さないようにすることと、しっかり気を遣ってあげましょう。
また、マットプレイは体力がかなり消耗するプレイです。
日頃から体力をしっかりつけておきましょう。

入浴プレイもそうですが、ソープでのプレイは頭を使いながら行うものなので、あっという間に時間が過ぎていきます。
ソープの接客はプレイ時間が決められているので、時間配分をミスしないよう、小まめに時間をチェックするのも大切なポイントです。
マットプレイ後は、お風呂でしっかりお客さんのローションを落としてあげましょう。
ローションが残っていると、滑って転んでしまうこともあります。

ローションは熱めのお湯で洗えばよく落ちるので、お客さんに説明をしながら、少し厚めのお湯で洗い流してあげましょう。
なお、最近ではマットプレイがない高級ソープもあります。
覚えることやテクニックがたくさんあるので、マットプレイはしたくないという方は、そういったお店を選ぶのも良いでしょう。

高級ソープでは女性の外見と性格も重視される

上記でも少し触れましたが、高級ソープでは、女性の外見や性格も重視されるため、決して誰でも働けるというわけではありません。
高級ソープで採用されやすい人は下記のような特徴があるので、面接の際に参考にしてみてください。
・背が高くてスタイルが良い(165cm以上が好ましい)
・バストがDカップ以上
・年齢が若くて標準以上のルックス
・一般常識とマナーがしっかりしていて社交的
・言葉遣いが綺麗
上記を見て分かる通り、やはり格安店や大衆店に比べて全体的にレベルの高い女性が求められます。
また、面接の際にこういった点もチェックされるので要注意です。
・身体に大きな傷跡やリストカットなどの跡がないか
・刺青やタトゥーが入っていないか(ワンポイントの小さいものだと合否に影響がないお店も)
・肉割れや妊娠線などがないか
つまり、“身体の美しさ”も同時に求められるということです。
高級ソープで働く場合は、日頃から身体のケアもしっかり行いましょう。

高級ソープの平均月収は?200万円も可能?

求められるものが多い分、格安店や大衆店に比べて高級ソープでは給料も高くなります。
高級ソープは平均120分の接客時間で、お客さんが支払う金額は50,000円~80,000円となり、一人当たり30,000円~60,000円のバックになります。
1日何人のお客さんの相手をするのか、月にどのくらい出勤をするのかによって稼げる金額は変わってきますが、1日2~3人のお客さんにつけば、単純計算で60,000円~180,000円の日給です。

実際に高級ソープで働く女性の平均日給を見てみても130,000円前後となっています。
日給平均が130,000円だとしたら、月に15~16日の出勤で月収200万円は稼げますね。
1日に何人のお客さんを相手にするのか、週に何回出勤するのか、働き方は人それぞれですが、高級ソープであれば月100万円は余裕でしょう。
中には、日給150,000円の保証を設けているお店もあり、高級ソープは他の風俗業種に比べても安定した給料が稼げるようです。

高級ソープはエリアが限定されているので注意!

これまで高級ソープの仕事内容や給料についての情報を解説していきましたが、高級ソープはどこにでもあるというわけではなく、場所が限定されてきます。
比較的どこにでもソープ街はありますが、高級店がないエリアもたくさんあるのです。
高級店があるエリアは以下の通りです。
・東京都:吉原
・神奈川県:横浜、川崎
・千葉県:栄町
・岐阜県:金津園
・滋賀県:雄琴
・兵庫県:神戸福原
・福岡県:中洲
・熊本県:中央街
高級ソープで働きたい場合は、上記のエリアから求人を探してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました