交際クラブ(デートクラブ)って一体何?気になる仕事内容やお給料とは

仕事内容

交際クラブとは、会員として登録する男性と女性をマッチングさせて手数料を受け取るもので、デートクラブとも呼ばれます。

デートにかかるお金やセッティング料金は全て男性が支払うため基本的に女性は無料で会員になることができ、更にデートをした男性からは交通費という形でお金を受け取ることができます。
一般的に登録する男性は医者や経営者といった社会的ステータスの高い方ばかりであり、女性もそうした男性達に見合うようにモデルやタレントの卵といった一定以上のルックスレベルが求められるといわれています。
今回はそうした交際クラブ(デートクラブ)にスポットを当て、気になる仕事内容やお給料の相場、更にデートクラブに纏わる注意点についてご紹介いたします。

交際クラブ(デートクラブ)の仕事内容

交際クラブ(デートクラブ)では女性会員は基本的に「待つ」ということが仕事内容となります。
登録にあたって女性は身元確認のための面接やプロフィール写真の撮影などを行いますが、その後のデートへのアプローチは全て男性会員の方から行われるため女性側からアクションを仕掛けるといったことはあまりないようです。
男性会員からデートの申し込みがあった際に運営から女性会員に対してデートのセッティングを行うかどうかといった連絡が入り、これに応じることで初めてお仕事が発生します。
当日は待ち合わせ場所で男性会員から交通費という名目でお給料を受け取りお仕事がスタートし、デート中に発生したお金の支払いやプレゼント代などは全て男性会員が支払うこととなります。

デートの内容は食事や映画、場合によってはラブホテルへ行くといったことも全て会員同士で話し合って自由に決めていくこととなります。
運営の仕事はあくまでもデートのセッティングを行うまでですので、たとえ性的な関係を持った場合でもあくまで「自由恋愛」という形になります。
一度目のデートのセッティングでは男性会員は手数料を支払う必要がありますが、手数料を支払った後の会員同士の関係に運営は一切の口出しをすることがなくなります。
男女間の関係ですので場合によっては何らかのトラブルに発展することもあるかもしれませんが、こうした場合でも運営は一切関与することはありませんので注意しましょう。

交際クラブ(デートクラブ)の給料相場

気になる交際クラブ(デートクラブ)の給料相場ですが、一般的に交通費は5,000円〜10,000円が支払われるといわれています。
デート中にお小遣いやプレゼントなどを受け取る場合もありますが、あくまで男性会員の「気持ち」ですので、その内容は男性の経済状況や女性会員のスペックによって変わってきます。
また、お互いの合意で肉体関係を持った場合には1回で数万円、愛人契約を結んだ場合にはひと月で数十万円を受け取れる可能性もあるため、場合によっては青天井にお金を稼げることもあります。

ただし、冒頭でもお話ししたように交際クラブ(デートクラブ)に登録する男性は医者や経営者などの社会的なステータスの高い男性達ばかりです。
登録にあたって高額な入会金や会費を支払っているため、当然女性に対して求められる条件は厳しくなります。
一般的な出会い系サイトと違い交際クラブ(デートクラブ)は男性会員に対して圧倒的に女性会員の数が多いといわれており、容姿や学歴など一定以上のスペックを兼ね備えた女性でなければ全く見向きもされず、たとえデートにまで発展した場合でも一度きりだったということは決して珍しいことではありません。
登録さえすれば誰でも稼げるといった仕事ではなく、実際に高額なお給料を受け取ることができる女性はほんの一握りであるといっても過言ではありません。

交際クラブ(デートクラブ)の注意点

交際クラブ(デートクラブ)を利用する上では注意点も存在します。
それは、バックヤードに暴力団などの反社会的勢力がついている場合があり、そうした危険な組織の活動資金となっている場合があるということです。
公衆電話とポケベルが全盛期であった昭和のバブル期には「ホテトル」といわれるいわゆる本番アリのデリヘルが一世を風靡しました。

公衆電話に貼られたピンクポスターに連絡を入れると自分の指定したホテルまで女の子がやってきて本番行為を楽しむことができるというものです。
一般的に不特定の相手方と性交(本番行為)をすることは売春防止法によって禁止されており、健全な営業を行う多くの風俗はこうした売春防止法を遵守しています。
ところが、ホテトルはこうした売春防止法を無視し、「本番アリ」であるということを前面に押し出した営業を行っており、当時から大きな社会問題として見られていました。
現在では携帯電話やインターネットの発達もありホテトルに当時のような勢いはありませんが、こうしたホテトルが時代の流れとともに形を変えてできたものが今日の交際クラブ(デートクラブ)であるともいわれています。

交際クラブ(デートクラブ)への登録を考えている女性はこうした背景を知り、場合によっては反社会的勢力との間接的な関係があったなどの理由でトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるということも理解しておかなければなりません。

交際クラブ(デートクラブ)で働くために大切なこと

交際クラブ(デートクラブ)で働くために最も大切なことは、入会するクラブがしっかりとした営業届を提出ているかどうかを確認することです。
現在インターネット上には様々なクラブが存在しますが、その中には先述したような暴力団などの反社会的勢力のフロント企業が運営を行うものや、悪質な場合では営業届が出されていないものも多数存在します。

よく確認せずにそうした悪徳クラブに入ってしまうと、後々大きなトラブルに巻き込まれてしまうケースも珍しくありません。
また、優良クラブに入会できた場合にでもデートをする男性に安易に個人情報を教えてしまうことも危険です。
男女の関係ですのでちょっとしたことがきっかけとなり重大な事件に発展しまう場合もないとはいえません。
こうしたリスクを考えた場合、交際クラブ(デートクラブ)ではなくソープランドなどの風俗店で働いた方がより安全に高額なお給料を受け取ることができる可能性があります。

Qプリやいちごナビといった大手風俗求人サイトには、営業届をしっかりと出し、風営法を遵守する優良店ばかりが掲載されていますので、お給料の面では勿論トラブルなく安心して働くことができるのが何よりもメリットといえるでしょう。

交際クラブ(デートクラブ)は誰でも稼げる仕事ではありません

今回は交際クラブ(デートクラブ)についてお仕事の内容や給料の相場をご紹介しましたが、いかがでしたか。
社会的なステータスの高い男性ばかりが集まるクラブでのお仕事に興味を持つ女性も数多く存在しますが、その実は非常に競争率の高い厳しい世界であり、実際に稼ぐことができる女性はごく一握りに限られています。

また、クラブを運営する企業が反社会的勢力のフロント企業であるという場合もあり、入会するクラブは慎重に吟味する必要があります。
男性との肉体関係ありきでお金を稼ごうと考えた場合にはこうした交際クラブに入会するよりもソープランドなどのお店に入った方が安全に稼げる場合もありますので、一度自分に合った求人がないか確認してみることをオススメいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました